状態推定装置及びそのプログラム、並びに、統合状態推定システム及び統合状態推定装置

開放特許情報番号
L2012001291
開放特許情報登録日
2012/5/8
最新更新日
2012/5/8

基本情報

出願番号 特願2005-258206
出願日 2005/9/6
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2007-072709
公開日 2007/3/22
登録番号 特許第4820132号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 状態推定装置及びそのプログラム、並びに、統合状態推定システム及び統合状態推定装置
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 観測対象の観測量に基づいて、当該観測対象の状態量を推定する状態推定装置及びそのプログラム、並びに、統合状態推定システム及び統合状態推定装置。
目的 複数の状態推定動作を並列動作させることで推定処理の高速性、信頼性、汎用性を高めた統合状態推定システムを提供する。
効果 複数の状態推定装置において推定される状態量を統合して観測対象の状態を推定することができる。これによって、推定処理を複数の状態推定装置に分散させることで、並列動作が可能となり、推定動作の高速化を図ることができる。また、複数の状態推定装置のいずれかに障害が発生した場合であっても、他の状態推定装置における状態量を統合することで、状態推定のサービスを継続することができる。また、新しい観測量に基づいて状態を推定する場合であっても、その追加、変更が容易であり、システム全体の汎用性を高めることができる。
技術概要
統合状態推定システムSは、通信路(ネットワークN)を介して、複数の状態推定装置10を備え、各状態推定装置10が、それぞれ推定した観測対象の状態(状態量X)を送受信し合うことで状態量Xを統合し、少なくとも一つの状態推定装置10が、観測対象の状態を示す推定量Eを出力することを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT