TV法を用いた画像符号化装置及び復号化装置

開放特許情報番号
L2012001278
開放特許情報登録日
2012/5/8
最新更新日
2012/5/8

基本情報

出願番号 特願2006-212376
出願日 2006/8/3
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2008-042407
公開日 2008/2/21
登録番号 特許第4889403号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 TV法を用いた画像符号化装置及び復号化装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 画像符号化装置及び画像復号化装置に関し、特に、階層化した画像をTV(Total Variation)法を用いて符号化する装置、及び符号化されたデータを復号化する装置
目的 符号化データ量を低減すると共に、低解像度画像に基づいて高解像度画像を再生することが可能な画像符号化装置及び画像復号化装置を提供する。
効果 画像符号化装置において、符号化データ量を低減することができ、低いビットレートで符号化データを伝送することができる。また、画像復号化装置は、画像符号化装置からの低解像度の画像及び高解像度の差分画像の符号化データを復号化し、低解像度の画像をTV法により高解像化し、この高解像化した画像と差分画像とを加算することにより、高解像度の画像を再生することができる。
技術概要
階層化処理部101は、原画像に階層化処理を施し、解像度の異なる複数の画像を生成し、選択部102は、解像度の異なる複数の画像のうちの2つの画像を選択する。TV法高解像化部107は、選択部102により選択された2つの画像のうちの低解像度画像に、TV法による高解像化を施し、減算部108は、高解像度画像と高解像化された画像との間の差分画像を算出する。そして、符号化部103は低解像度画像を符号化し、符号化部109は高解像度の差分画像を符号化する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT