メタデータ統合装置及びメタデータ統合プログラム

開放特許情報番号
L2012001277
開放特許情報登録日
2012/5/8
最新更新日
2012/5/8

基本情報

出願番号 特願2005-148835
出願日 2005/5/20
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2006-323792
公開日 2006/11/30
登録番号 特許第4906274号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 メタデータ統合装置及びメタデータ統合プログラム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 映像や音声等のコンテンツのメタデータを生成する技術に係り、特に、同一の部分について複数のメタデータがある場合に、これらを統合したメタデータを生成するメタデータ統合装置及びメタデータ統合プログラム。
目的 コンテンツの異なる事象に基づいて生成された複数のメタデータにおいて、その区間情報と内容情報とを所定の方法で統合でき、メタデータを編集する汎用的なツールを実装できるとともに、設定が容易なメタデータ統合装置を提供する。
効果 制作者が容易に処理機能を設定でき、目的のメタデータ(第2・第3の統合メタデータ)を効率よく生成することができる。モジュールは追加することが可能であるので、新たなモジュールを追加するだけで、容易に処理機能を向上させることができる。また、リンク生成モジュールを選択したり組み合わせたりして様々な関係の他の区間メタデータの識別情報を抽出する処理機能を設定できる。
技術概要
複数の異なる事象に基づいて抽出された、コンテンツの再生時間の時間軸上における当該コンテンツの一部の区間を示す区間情報を含む複数の区間メタデータを統合するメタデータ統合装置1であって、区間統合モジュール選択手段(モジュール選択部2a)と、区間設定手段(区間統合部2c)と、第1の統合メタデータ生成手段(統合区間情報取得部2d)と、内容統合モジュール選択手段(モジュール選択部3a)と、内容統合手段(内容統合部3b)と、第2の統合メタデータ生成手段(統合内容取得部3d)とを備えることを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT