シュリンク包装体

開放特許情報番号
L2012001263
開放特許情報登録日
2012/4/26
最新更新日
2012/4/26

基本情報

出願番号 特願2003-423433
出願日 2003/12/19
出願人 大森機械工業株式会社
公開番号 特開2005-178846
公開日 2005/7/7
登録番号 特許第4275520号
特許権者 大森機械工業株式会社
発明の名称 シュリンク包装体
技術分野 その他
機能 その他
適用製品 カップ麺など
目的 脱気用の孔をラベル等で塞ぐことをしなくても異物や虫の侵入を確実に防止する。
効果 シュリンクフィルムの熱収縮が完了すれば脱気孔は自動的に閉塞されるため別途ラベル等で塞ぐことをしなくても、流通段階における異物や虫の侵入を確実に防ぐことができる。
技術概要
 
熱収縮したシュリンクフィルムの脱気孔が位置する箇所に、脱気孔を囲むようにホットメルトを製品表面に付着させておく。シュリンクトンネル通過の際にはホットメルトが溶融してフィルムと製品とが接着されるため、脱気孔が閉塞された状態となる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT