糖タンパク質又は多糖類の検出方法

開放特許情報番号
L2012001241
開放特許情報登録日
2012/4/23
最新更新日
2015/7/28

基本情報

出願番号 特願2012-012822
出願日 2012/1/25
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2013-152132
公開日 2013/8/8
登録番号 特許第5750768号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 糖タンパク質又は多糖類の検出方法
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 糖タンパク質又は多糖類を分離し検出する方法
目的 薄膜上の分離された糖タンパク質又は多糖類を選択的に染色でき、かつ、染色後の薄膜を用いて糖鎖分析が可能な糖タンパク質又は多糖類の検出方法及びその方法に用いるキットを提供する。
効果 塩基性染料を用いて、シアル酸、ウロン酸、硫酸などの酸性残基を持たない中性のムチンや中性の多糖類を染色することができ、従来のPAS反応を用いた方法では不可能であったところの、染色後、薄膜ごとアルカリβエリミネーションなどの方法により、コアタンパク質から糖鎖を遊離させて質量分析することが可能となる。
技術概要
薄膜上の分離された糖タンパク質又は多糖類を、ジカルボン酸無水物を含む溶液で処理した後、塩基性色素を含有する溶液を用いて染色して検出することを特徴とする糖タンパク質又は多糖類の検出方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT