異種多重シール装置

開放特許情報番号
L2012001168
開放特許情報登録日
2012/4/6
最新更新日
2017/6/16

基本情報

出願番号 特願2003-112805
出願日 2003/4/17
出願人 独立行政法人労働安全衛生総合研究所
公開番号 特開2004-316805
公開日 2004/11/11
登録番号 特許第3991090号
特許権者 独立行政法人労働者健康安全機構
発明の名称 異種多重シール装置
技術分野 機械・加工
機能 検査・検出
適用製品 異種多重シール装置に関し、特に磁気シール装置と機械的シール装置とを併せて具備し、異なる原理のシールにより配管等の接続部を安全かつ確実にシールするための異種多重シール装置
目的 従来の配管接合部に形成される機械シール装置の接続信頼性及び安全性を更に高めることが可能な異種多重シール装置を提供すること。
効果 本発明の異種多重シール装置は、機械的シール装置と、磁場が印加されると対向する磁極間に密着して固体化する強磁性粒子含有流体、特にMR流体を主体とするものにより構成される磁気シール装置を併せて具備しているので、機械的シール装置単独使用、もしくは、機械的シール装置の多重化使用に比べて配管接合部の信頼性及び安全性が大幅に向上する。
技術概要
一対の中空被接続部材の接続部又は接続部近傍に配設される磁気シール装置と、前記接続部近傍又は前記接続部に配設される機械的シール装置とにより、前記接続部のシールを行う異種多重シール装置である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT