水性蛍光塗料用蛍光材料およびその製造方法

開放特許情報番号
L2012001164
開放特許情報登録日
2012/4/4
最新更新日
2014/2/26

基本情報

出願番号 特願2010-029573
出願日 2010/2/13
出願人 国立大学法人福井大学
公開番号 特開2011-162728
公開日 2011/8/25
登録番号 特許第5431995号
特許権者 国立大学法人福井大学
発明の名称 水性蛍光塗料用蛍光材料およびその製造方法
技術分野 化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 蓄光性塗料、蓄光性タイル、保湿剤
目的 廃棄物として処理されていた貝殻を原料として有効利用し、例えば、塗料などに好適に使用することができる蛍光材料およびその製造方法を提供する。
効果 従来、廃棄物として処理されていた貝殻を原料として有効利用し、例えば、水性塗料などの用途に好適に使用することができる蛍光材料およびその製造方法が提供される。
技術概要
 
貝殻を焼成してなる貝殻の焼成粉末を水で抽出した抽出液を有効成分として含有する蛍光材料、および貝殻を焼成し、粉砕することによって得られた貝殻の焼成粉末を水中で分散させ、得られた分散液から当該貝殻の焼成粉末を除去することを特徴とする蛍光材料の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT