処理装置

開放特許情報番号
L2012001133
開放特許情報登録日
2012/4/3
最新更新日
2012/4/3

基本情報

出願番号 特願2009-279658
出願日 2009/12/9
出願人 国立大学法人 筑波大学
公開番号 特開2011-120685
公開日 2011/6/23
発明の名称 処理装置
技術分野 機械・加工、食品・バイオ、電気・電子
機能 洗浄・除去、その他、検査・検出
適用製品 処理装置に関し、例えば、白内障手術やエッチングなどの各種の処理に適用して好適なもの
目的 先端から噴射される液体の流速の大幅な低減を図ることができ、白内障手術用ハンドピースなどに適用して好適な処理装置を提供する。
効果 第1の管の他端側から第1の管と第2の管との間の空間に流される液体は第2の管の内周面に設けられた螺旋状の溝を通ることにより旋回が加えられて旋回流となるため、第1の管の一端側から噴射される液体は旋回噴流となる。これによって、第1の管の一端側から噴射される液体の流速の大幅な低減を図ることができる。
技術概要
処理装置は、第1の管とこの第1の管を取り囲む第2の管31とを有する。第2の管31の内周面に螺旋状の溝31cを設ける。第1の管の一端から吸引を行いながら第1の管の他端側から第1の管と第2の管31との間の空間に液体を流し、第1の管の一端側から液体を旋回噴流として噴射する。処理装置は例えば白内障手術用ハンドピースである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT