導電性高分子の製造方法および導電性高分子

開放特許情報番号
L2012001132
開放特許情報登録日
2012/4/3
最新更新日
2013/11/29

基本情報

出願番号 特願2009-287987
出願日 2009/12/18
出願人 国立大学法人 筑波大学
公開番号 特開2011-127033
公開日 2011/6/30
登録番号 特許第5364560号
特許権者 国立大学法人 筑波大学
発明の名称 導電性高分子の製造方法および導電性高分子
技術分野 化学・薬品、有機材料、電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 導電性高分子の製造方法および導電性高分子に関するものであり、さらに詳しくは、液晶電解液を用いた電解重合による導電性高分子の製造方法およびそれにより得られる導電性高分子
目的 液晶電解液を用いた電解重合による新規な構造秩序をもつ導電性高分子の製造方法および導電性高分子を提供する。
効果 スメクチック液晶の構造を反映して、微細なフィブリルによるポリゴナル構造およびフォーカルコニックファンシェイプ構造を有する導電性高分子を得ることができる。また、スメクチック液晶電解液として、スメクチック液晶相を示す化合物とネマチック液晶相を示す化合物との混合液晶を用いることで、電解液の粘性を小さくして反応物質の拡散性を確保し反応を十分に進行させることができ、また室温で安定したスメクチック相も形成することができる。
技術概要
共役芳香族モノマーをスメクチック液晶電解液中において電解重合させ、スメクチック液晶の構造を反映した微細なフィブリルによるポリゴナル構造およびフォーカルコニックファンシェイプ構造を有する導電性高分子を合成することを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT