建造物のコンクリート成形に用いる型枠において、一定間隔の連結孔を設けた縁リブが、せき板の接続部(端部)に固定したシステム型枠が配列する、前記縁リブ同士を連結するためのガイドピンを具備した本発明の型枠連結具(例えば、技術概要の代表図を参照)

開放特許情報番号
L2012001129
開放特許情報登録日
2012/4/2
最新更新日
2014/8/20

基本情報

出願番号 特願2011-219618
出願日 2011/10/3
出願人 平賀 健一
公開番号 特開2013-079514
公開日 2013/5/2
登録番号 特許第5289530号
特許権者 平賀 健一
発明の名称 コンクリート成形用のコンパネフォーム型枠の連結具
技術分野 土木・建築、その他
機能 機械・部品の製造、その他
適用製品 本発明の連結具が具備するガイドピンが貫通する孔を一定間隔に設けた縁リブが、せき板(ラワン合板又は合成樹脂板)の端部(接合部)に固定してなる、前記縁リブが木製(桟木)、金属製、合成樹脂製の型枠に適用する。(例えば、イメージ図02参照)
目的 一定間隔の連結孔を設けた縁リブが、せき板の接続部(端部)に固定するシステム型枠が配列する、前記縁リブ同士に設けられた連結孔に、前記型枠連結具が具備するガイドピンを挿し込むことで出現するガイドピンの先端部に設けられた貫通孔に係止ピンを挿し込み、前記ガイドピンの末端部に螺合する六角穴ボルトを回転させると、前記縁リブ同士が挟着し、システム型枠同士が連結することを目的とする。
(例えば、イメージ図03.参照)
効果 本発明の型枠連結具は、一定間隔の連結孔を設けた縁リブが、せき板の端から少し後退した位置に固定するコンパネフォーム型枠と称するシステム型枠が、連結する縁リブ同士間の空間を保持した状態で連結することが可能であり、そのため、縁リブ同士が空間を保持状態で連結することで、連結する縁リブ同士が接触しないため、型枠解体作業が簡便化し、作業能率が向上する。
また、本発明の型枠連結具は、挟着代の調整ができ、連結する縁リブ同士の挟着寸法が、多少であれば一定でなくても挟着が可能である。
技術概要
本発明の型枠連結具は、所定の長さを有する丸棒の先端が細くなるテーパーを有し、その先端部に係止ピンが貫通する貫通孔を設け、その貫通孔から後退する所定の末端部軸心に雌ネジを設け、その雌ネジに丸座金又はキャップを介して六角穴ボルトを螺合してなるガイドピンと、前記先端部に設けた貫通孔に挿し込むための係止ピンとにより構成される。
これにより、コンパネフォーム型枠等のシステム型枠が配列する、縁リブ同士に設けられた連結孔に前記ガイドピンを差し込むことで突出する、ガイドピンの先端部に設けられた貫通孔に係止ピンを挿し込み、そのガイドピンの末端部に螺合する六角穴ボルトを回転させることで、せき板同士が当接すると同時に六角穴ボルトの回転が止まり、縁リブ同士の空間を確保した状態で、前記型枠が連結することになる。
また、ガイドピンの末端部軸心に設けた雌ネジに六角穴ボルトが螺合する形態にしたため、前記六角穴ボルトのネジ部が、連結する縁リブの連結孔側面に接触しないことからガイドピンの挿し込み又は抜取がスムーズになることを特徴とする。
(例えば、イメージ図02.又は代表図参照)
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
対価条件(一時金) 【要】 
希望譲渡先(国内) 【可】 
特許権実施許諾 【可】
対価条件(一時金) 【要】 
対価条件(ランニング) 【要】 
希望譲渡先(国内) 【可】建築金物製造業者、型枠資材製造業者、金属加工業者、合成樹脂製品製造業者、ボルト類製造業者、木材加工製造業者、住宅プレハブ製造業者、ゼネコン、商事会社、事業創出希望者

アピール情報

アピール内容 本考案のコンパネフォーム型枠及びその組立に使用する本発明の型枠連結具と本考案の型枠締結金具は、日本住宅公団専用に開発された組立式システム化(連結すると一体になる)の鋼製型枠(スリットフォーム又はメタルフォームとも言う)を、昭和47〜48年頃、日本住宅公団の工事で採用した結果、組立作業が簡単で作業員の個人差もなく一定の精度を確保し、工期短縮、施工費削減などについて優れた結果を得た。
つまり、組立式システム化の鋼製型枠を使用したことで、一般に多用されるパネル型枠(合板と桟木で構成)の使用に対して、作業員の動員数が1/2程に削減された。
しかし、鋼製型枠のため、釘打ちができない、重い、直射日光により高熱化するなどの理由から使用されなくなった。
そのため、コンパネフォーム型枠と称するシステム型枠が配列する、縁リブ同士に設けられた連結孔に前記ガイドピンを差し込み、ガイドピンの先端部に設けられた貫通孔に係止ピンを挿し込み、そのガイドピンの末端部に螺合する六角穴ボルトを回転させると、コンパネフォーム型枠同士のせき板が当接し、前記六角穴ボルトの回転は止まり縁リブ同士の空間を保持した状態で連結させる形態の、コンパネフォーム型枠及びその組立に使用する金具を開発した。
これにより、縁リブ同士の連結孔にガイドピンを挿し込み連結させた型枠は、敷バタに対して直角(垂直)に立設する。そのため、下げ振り作業が不要であり、個人差に関係なく一定した精度を確保する。
また、連結した縁リブが接触しないため型枠解体が容易となり、型枠解体作業の能率が向上し、解体した型枠の損傷が減り転用回数が拡大する。
さらに、ガイドピンの末端部軸心に設けた雌ネジに六角穴ボルトが螺合する形態にしたため、前記六角穴ボルトのネジ部が、連結する縁リブの連結孔側面に接触しないことからガイドピンの挿し込み又は抜取が容易となる。
さらにまた、コンパネフォーム型枠が配列する連結部にセパレート部材を配置することで、セパレート部材の取付作業が簡便になる。
前記コンパネフォーム型枠及び型枠連結具と型枠締結金具を使用して組立てた型枠の一例をイメージ図01に表す。
備 考
◇ 前記組立式システム化の鋼製型枠に関する情報:http://www7b.biglobe.ne.jp/~zuken/suritto_form.htm
◇ 前記日本住宅公団朝倉団地中心施設棟の写真と工事記録
http://www7b.biglobe.ne.jp/~zuken/asakuradanti_kouzikiroku476.htm

登録者情報

登録者名称 平賀 健一

技術供与

図面の開示 【有】
図面1 イメージ図01 本発明のコンパネフォーム型枠、型枠連結具、型枠締結金具を使用して組立てた型枠の一例を表す立面図である。
図面2 イメージ図02 各種縁リブの形状と、その縁リブ同士の連結状態を表す部分断面図である。
図面3 イメージ図03 型枠連結具の使用状態を表す説明図である。
その他の開示 【有】
その他1 代表図 本発明による型枠連結具の詳細を表す断面図である。

その他の情報

その他の提供特許
登録番号1 特許第5289530号
登録番号2 実用新案登録第3182288号
登録番号3 実用新案登録第3186865号
関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
試作品評価 【否】
設備売却の意思 【無】
設備購入ルート
自社ルート提供 【否】
設備メーカ紹介 【否】
販売ルート
自社ルート提供 【否】
販売会社紹介 【可】
追加情報 本考案のコンパネフォーム型枠(実用新案 登録第3182288号)が配列する縁リブ同士を連結する型枠連結具(特許第5289530号)と、前記連結された型枠が対向して配列する間隔を支持する型枠締結金具(実用新案 登録第3186865号)により構成される型枠の特徴
1)組立式システム化のコンパネフォーム型枠は、型枠割付図に基づき、前記型枠の縁リブに設けられた連結孔にガイドピンを挿し込み組立てるため、作業が簡単で能率化し、個人差に関係なく一定の精度が確保される。
また、開口部枠、電気設備関係に必要な打込み物の取付位置は型枠に記入されるため、下げ振り作業及び位置出し作業の必要が無く、特別な技能を必要としないため作業員の確保が容易である。
2)土木工事で多く使用されるメタルフォームと称する鋼製型枠の代替品としてコンパネフォーム型枠を使用することで、寸法調整が必要な補助型枠の加工が容易であり、資材が木製のため安価である。
備考:前記型枠締結金具は、財団法人 ひろしま産業振興機構からの支援事業助成金(平成21年3月)を受け、開発に取組むことになる。
Copyright © 2018 INPIT