国産および外国産のイネまたはそれに由来する組織、あるいはそれらの加工品の識別法

開放特許情報番号
L2012001125
開放特許情報登録日
2012/3/30
最新更新日
2015/8/19

基本情報

出願番号 特願2010-202984
出願日 2010/9/10
出願人 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2012-055254
公開日 2012/3/22
登録番号 特許第5763315号
特許権者 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 国産および外国産のイネまたはそれに由来する組織、あるいはそれらの加工品の識別法
技術分野 食品・バイオ、有機材料、情報・通信
機能 材料・素材の製造、食品・飲料の製造、検査・検出
適用製品 国産および外国産のイネまたはそれに由来する組織、あるいはそれらの加工品の識別に用いられる
目的 この発明は国産および外国産のイネまたはそれに由来する組織、あるいはそれらの加工品の識別法を提供する。
効果 この発明では、国産のイネに特異的なmPing挿入部位の解析によって、国産品種と外国産品種を大きく大別するための手法を提供する。従来技術のように品種自体を同定するのではないため、品種データの蓄積は必要でない。またたった2種のDNAマーカーの簡便な分析により国産品種と外国産品種とを高度に識別できる。さらに複数品種の混合サンプルの場合にも外国産米の混入を容易に検出することが可能である。
技術概要
 
国産および外国産のイネまたはそれに由来する組織、あるいはそれらの加工品の識別法であって、被験ゲノムDNAにおいて、mPing挿入部位の遺伝的多型に基づいて、イネまたはそれに由来する組織、あるいはそれらの加工品が国産または外国産であるかを識別することを含み、mPing挿入部位が、第6染色体中に見出される3番目のmPing挿入部位、または/および第12染色体中に見出される1番目のmPing挿入部位である識別法。イネにおけるmPing挿入部位の有無を検出し得る2以上のプライマーおよびそのセット。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
希望譲渡先(国内) 【否】 
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 平成10年6月29日付特総第1173号特許庁長官通達「特許権等契約ガイドライン」に基づき、案件ごとに協議のうえ決定。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT