閉空間提示計測装置

開放特許情報番号
L2012001115
開放特許情報登録日
2012/4/3
最新更新日
2014/4/28

基本情報

出願番号 特願2010-029600
出願日 2010/2/14
出願人 国立大学法人 筑波大学
公開番号 特開2011-164034
公開日 2011/8/25
登録番号 特許第5470640号
特許権者 国立大学法人 筑波大学
発明の名称 閉空間提示計測装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、その他
適用製品 地上面、床面、机上面等の平面上に、閉じた空間(区画)を提示し、また閉空間内の人や物体の検知や位置計測も可能な、複数のモジュールから成る閉空間提示計測装置。
目的 環境や使用者へ大きな負荷を与えず、実世界において、閉空間を形成する幾何学図形を自由かつ簡便に描画するとともに、その閉空間内に存在する人や物等について、その位置、運動状態等を計測可能な、簡単で、応用及び利便性に富む手段。
効果 (1)環境や使用者へ大きな負荷を与えず、閉空間を形成する幾何学図形を簡便に描画し表示することができるので、ゲーム機、娯楽具、ディスプレー器具、イルミネーション器具、新たな芸術表現手段等にきわめて有用である。(2)マット等の機材を使用することなく、ゲーム機、遊技機、娯楽機、運動器具、訓練機器(ダンス、バレエ等の訓練用機器)、健康増進機、リハビリ器具等への適用ができる。
技術概要
閉空間提示計測装置1は、複数のモジュール2からなるモジュール群3を備えており、複数のモジュール2は、それぞれ、赤外線受光部4及び赤外線発光部5を有する赤外線通信手段と、レーザ発光器6と、制御装置とを備えており、複数のモジュール2がそれぞれ隣接する他の一つのモジュール2に向けて順次レーザ光を投光し、レーザ光で表示され囲まれて閉じた平面領域を有する閉空間を生成するとともに、赤外線通信手段によりモジュール間で、固有のアドレス信号等の情報を交信する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT