シアノ架橋金属錯体超構造作成方法およびシアノ架橋金属錯体超構造作成装置

開放特許情報番号
L2012001108
開放特許情報登録日
2012/4/3
最新更新日
2014/4/28

基本情報

出願番号 特願2010-076810
出願日 2010/3/30
出願人 国立大学法人 筑波大学
公開番号 特開2011-208217
公開日 2011/10/20
登録番号 特許第5477714号
特許権者 国立大学法人 筑波大学
発明の名称 シアノ架橋金属錯体超構造作成方法およびシアノ架橋金属錯体超構造作成装置
技術分野 金属材料、化学・薬品、無機材料
機能 機械・部品の製造、材料・素材の製造
適用製品 超構造のシアノ架橋金属錯体を作成するシアノ架橋金属錯体超構造作成方法およびシアノ架橋金属錯体超構造作成装置。
目的 原子レベルで連続的な界面を有する錯体を得ること。
効果 請求項1〜3に記載の発明によれば、第1の配向層の表面に錯体の組成が異なる第2の配向層を電界析出で作成することができ、原子レベルで連続的な界面を有する錯体を得ることができる。
技術概要
所定の結晶方位に揃ったプルシャンブルー型シアノ架橋金属錯体の結晶により構成された層である第1の配向層(3a)を、電界析出により電極(3)表面に作成する第1の配向層作成工程と、前記第1の配向層(3a)の表面に、前記第1の配向層を構成するプルシャンブルー型シアノ架橋金属錯体の結晶とは異なる組成の錯体の結晶により構成された第2の配向層(13)であって、前記第1の配向層(3a)の結晶方位に揃った第2の配向層(13)を、電界析出により作成する第2の配向層作成工程と、を実行することを特徴とするシアノ架橋金属錯体超構造作成方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT