マイクロポンプ、マイクロバルブおよび送液制御装置

開放特許情報番号
L2012001104
開放特許情報登録日
2012/4/3
最新更新日
2014/7/31

基本情報

出願番号 特願2010-096171
出願日 2010/4/19
出願人 国立大学法人 筑波大学
公開番号 特開2011-226358
公開日 2011/11/10
登録番号 特許第5550014号
特許権者 国立大学法人 筑波大学
発明の名称 マイクロポンプおよび送液制御装置
技術分野 機械・加工、その他
機能 機械・部品の製造、加圧・減圧、その他
適用製品 マイクロポンプ、マイクロバルブおよび送液制御装置に関し、特に、化学、生物学、医学、ナノテクノロジー等の研究分野で用いられる、微量な流体を制御して送液するマイクロポンプ、マイクロバルブおよび送液制御装置。
目的 簡単な構成で作製に手間がかからないマイクロポンプ、マイクロバルブおよび送液制御装置を提供する。
効果 本発明によれば、簡単な構成で作製に手間がかからないマイクロポンプ、マイクロバルブおよび送液制御装置を提供することができる。そして、本発明を用いれば、単純かつ強力で、確実に動作するマイクロポンプが実現できる。しかも、構造が単純であるため、他の機能、例えばセンシング機能との集積化、複合化も可能である。
技術概要
貫通孔11を少なくとも1つ形成した形状記憶合金シート12と、チューブ状の弾性部材13と、形状記憶合金シート12に電流を流すための電極14,15と、電極14,15に電圧を印加して電流を制御する制御部16と、を備え、弾性部材13は、形状記憶合金シート12の貫通孔11に挿入されて、固定されている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT