多重化スペクトル干渉光コヒーレンストモグラフィー

開放特許情報番号
L2012001092
開放特許情報登録日
2012/4/3
最新更新日
2012/4/3

基本情報

出願番号 特願2010-038518
出願日 2010/2/24
出願人 国立大学法人 筑波大学
公開番号 特開2010-164574
公開日 2010/7/29
登録番号 特許第4852651号
特許権者 国立大学法人 筑波大学
発明の名称 多重化スペクトル干渉光コヒーレンストモグラフィー
技術分野 情報・通信、食品・バイオ、化学・薬品
機能 検査・検出
適用製品 時分割、偏光分割なども併用した多重化スペクトル干渉光コヒーレンストモグラフィー
目的 高次の走査による計測時間の遅延がなく、複素共役画像及び自己相関画像を含まないフルレンジのOCT計測を可能とする時分割、偏光分割なども併用した多重化(時間多重、偏光多重、変調多重等も併用した多重化)スペクトル干渉光コヒーレンストモグラフィーを実現すること。
効果 本発明に係る多重化スペクトル干渉光コヒーレンストモグラフィーは、時分割、偏光分割なども併用し、高次の走査による計測時間の遅延がなく、複素共役画像及び自己相関画像を含まないフルレンジのOCT偏光計測を可能とする。
技術概要
光源からの光路上に配置され、物体光と参照光を分離する第1のビームスプリッターと、前記物体光の光路上に配置され、被計測物に前記物体光を走査する走査装置と、前記参照光の光路上に配置された第2のビームスプリッターと、前記第2のビームスプリッターで分離された第1の参照光の光路上にある第1の参照鏡と、前記第2のビームスプリッターで分離された第2の参照光の光路上にある第2の参照鏡と、前記第1の参照光と第2の参照光を交互に通過させるチョッパとを備えていることを特徴とするスペクトル干渉光コヒーレンストモグラフィーを提供する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT