服用者を見守る服薬確認システム

開放特許情報番号
L2012001091
開放特許情報登録日
2012/4/3
最新更新日
2013/7/19

基本情報

出願番号 特願2009-014787
出願日 2009/1/26
出願人 国立大学法人 筑波大学
公開番号 特開2010-170504
公開日 2010/8/5
登録番号 特許第5263742号
特許権者 国立大学法人 筑波大学
発明の名称 服用者を見守る服薬確認システム
技術分野 機械・加工、電気・電子、情報・通信
機能 安全・福祉対策
適用製品 服薬確認システム
目的 介護者又は服薬者が,様々な服薬異常や服薬方法(服薬タイミングを含む)を把握できる服薬確認システムを提供する。また,介護者又は服薬者が,服薬状況を把握できる服薬確認システム。
効果 各薬収容室の様々な服薬異常を把握でき,これにより服薬者は,薬の用法,用量,効果を確認でき,また,音声などの出力情報を用いて正しく服薬できる。制御部やサーバを有する場合,服薬状況を把握できる。また使用者と関連する者の連絡情報を記憶する場合,服薬状況を使用者以外の者に通知でき、たとえば介護者が,ある者の服薬状況を把握でき,迅速に異常を把握できることとなる。
技術概要
基本的には,それぞれの薬収容室について薬の有無を検出し,把握することで,服薬状況を適切に把握できるという知見に基づくものである。薬ケース1と,センサ3とを有する服薬確認システム5であって,薬ケース1は,複数の薬収容室7を有し,センサ3は,複数の薬収容室7に収容された薬の有無を検出するセンサである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT