スクミリンゴガイ(ジャンボタニシ)の産卵防止方法

開放特許情報番号
L2012001083
開放特許情報登録日
2012/3/23
最新更新日
2016/5/24

基本情報

出願番号 特願2012-002248
出願日 2012/1/10
出願人 有限会社小野土木工業
公開番号 特開2013-141431
公開日 2013/7/22
登録番号 特許第5896352号
特許権者 有限会社小野土木工業
発明の名称 スクミリンゴガイの産卵防止方法
技術分野 土木・建築
機能 環境・リサイクル対策
適用製品 卵の除去作業を軽減し、収穫率を上昇させる
目的 スクミリンゴガイの産卵を阻止し、個体数を減少させます。
効果 孵化したスクミリンゴガイ(ジャンボタニシ)による若い稲の食害を減らします。
技術概要
卵を産み付けやすい用水路などに支柱となるものを打ち付け、丈夫な細い糸状の物を水面に平行に張ることにより、産卵の為に水上に上がってきたスクミリンゴガイの進行を妨害し、その場への卵の産み付けを防ぎます。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

出展実績 2012年2月29日 特許等取得活用支援事業に係る第二回連携会議

登録者情報

技術供与

ノウハウ提供レベル
量産仕様の提供 【可】
特殊仕様の提供 【可】

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT