放射線障害防護剤

開放特許情報番号
L2012000637
開放特許情報登録日
2012/3/16
最新更新日
2014/8/27

基本情報

出願番号 特願2010-079150
出願日 2010/3/30
出願人 国立大学法人福井大学
公開番号 特開2011-207841
公開日 2011/10/20
登録番号 特許第5553306号
特許権者 国立大学法人福井大学
発明の名称 放射線障害防護剤
技術分野 化学・薬品
機能 安全・福祉対策
適用製品 放射線被ばくや放射線療法に伴う障害の予防や治療
目的 放射線被ばくや放射線療法に伴う障害を予防または治療し、生存率を上げる医薬を提供することである。
効果 本発明によれば、造血・免疫系機能の改善効果、延命効果および生存率の向上効果が得られ、放射線被ばくや放射線療法に伴う障害に有用な放射線障害防護剤を提供することができる。しかも、毒性が低く、低用量投与で放射線障害の防護能が得られる。したがって、短時間に放射線被ばくしたときの治療薬はもとより、癌等の放射線療法が長期に必要な患者、放射線関連の業務に携わる従事者に対しても放射線障害の軽減、健康維持の観点から有用である。
技術概要
 
ニトロプルシドまたはその薬理学的に許容される塩を含有する、放射線障害 防護剤。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT