情報通信システムおよび不正サイト検出方法

開放特許情報番号
L2012000629
開放特許情報登録日
2012/3/16
最新更新日
2014/5/27

基本情報

出願番号 特願2005-375569
出願日 2005/12/27
出願人 富士通エフ・アイ・ピー株式会社
公開番号 特開2007-179206
公開日 2007/7/12
登録番号 特許第4754348号
特許権者 富士通エフ・アイ・ピー株式会社
発明の名称 情報通信システム及び不正サイト検出方法
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 不正サイト検出システム
目的 ユーザが不正なサイトを容易に認識できるシステム、及び、ツールバー、サーバー
効果 ユーザ端末がアクセスしたサイトのアドレスが正規のサイトのアドレスか或いは不正なサイトのアドレスかを検出し、ユーザに表示できる
技術概要
 
(1)サーバに、正規のサイトのURLとIPアドレスを登録する。(2)ホワイト情報が、利用者のツールバーに所定時間毎にダウンロードされる。(3)アクセスしたとき、ツールバーがアクセス先サイトのIPアドレスを調べ、ホワイト情報のIPアドレスと一致するか確認し、偽りのサイトか否か正しく判定できる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 通常実施権
希望譲渡先(国内) 【可】 

アピール情報

アピール内容 ユーザ端末がアクセスしたサイトのアドレスが正規のサイトのアドレスか或いは不正なサイトのアドレスかを検出し、ユーザに表示できる

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT