接着構造体及びそれを用いた水中移動装置

開放特許情報番号
L2012000581
開放特許情報登録日
2012/3/9
最新更新日
2015/10/9

基本情報

出願番号 特願2010-123626
出願日 2010/5/29
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2011-246076
公開日 2011/12/8
登録番号 特許第5614682号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 接着構造体を用いた水中移動装置
技術分野 電気・電子、機械・加工
機能 機械・部品の製造、接着・剥離
適用製品 水中移動装置
目的 水中で固体表面同士を接着する場合、一般には吸盤や、水中で使用可能な接着剤などが利用されている。 この発明は、液体中の接着構造体とこの接着構造体を用いた水中移動装置の提供を目的とする。
効果 接着構造体の気泡保持部と液体中に配置された基板とを気泡保持部に保持した泡の力で接着することができ、かつ繰り返し接着することができる。 接着構造体を用いた水中移動装置によれば、液体中の通路を自由に走行させることができる。
技術概要
接着構造体1は、基部2と、基部2上に形成される突起からなる気泡保持部3と、を備え、気泡保持部3は、水中で気泡9を保持する。気泡保持部3は、接着構造体1が挿入される液体5に対して接触角が大きい材料からなる。また、気泡保持部3に気泡9となる気体を送出する送風手段8を備えていてもよい。さらに、接着構造体1を用いた構造物を構成してもよい。さらに、この接着構造体1は、水中移動装置にも適用できる。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT