降霜検知装置

開放特許情報番号
L2012000522
開放特許情報登録日
2012/3/2
最新更新日
2012/12/20

基本情報

出願番号 特願2008-028366
出願日 2008/2/8
出願人 学校法人明治大学
公開番号 特開2009-186387
公開日 2009/8/20
登録番号 特許第5123684号
特許権者 学校法人明治大学
発明の名称 降霜検知装置
技術分野 生活・文化、電気・電子
機能 検査・検出
適用製品 降霜検知装置
目的 安価で検知精度の優れた降霜検知装置を提供する。
効果 安価で検知精度の優れた降霜検知装置を提供できる。
技術概要
降霜検知装置10は、降霜状態を検出すべき環境に設置される検知部20と、この検知部20と接続されてTDR(Time Domain Reflectometry)法によって検知部20の比誘電率を測定する比誘電率測定器30と、検知部20の温度を検出する温度計40と、比誘電率測定器30で検出された比誘電率及び温度計40で検出された温度に基づいて降霜状態を判定する判定装置50とを備えている。検知部20は、例えば、板状又はシート状の絶縁性の基板21の上に第1の電極22及び第2の電極23からなる電極対24をパターン形成したものである。判定装置は、比誘電率測定器で求められた比誘電率が第1の値からこの第1の値よりも大きい第2の値に変化し、更に第1の値よりも大きく第2の値よりも小さい所定値に安定したら降霜状態であると判定する。検知部の温度を検出する温度計を備え、判定装置は、比誘電率測定器で求められた比誘電率が所定値で安定し、且つ温度計で検出される温度が摂氏零度を下回っているときに降霜状態であると判定する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 明治大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT