メカノケミカル法によるペロブスカイト型複合酸化物の合成方法

開放特許情報番号
L2012000482
開放特許情報登録日
2012/2/24
最新更新日
2012/8/27

基本情報

出願番号 特願2004-115090
出願日 2004/4/9
出願人 日鉄鉱業株式会社
公開番号 特開2005-298251
公開日 2005/10/27
登録番号 特許第4307313号
特許権者 日鉄鉱業株式会社
発明の名称 メカノケミカル法によるペロブスカイト型複合酸化物の合成方法
技術分野 化学・薬品、無機材料、金属材料
機能 材料・素材の製造、環境・リサイクル対策
適用製品 自動車の排気ガス浄化用触媒
目的 長期間使用可能な自動車の排気ガス浄化用触媒として有用なぺロブスカイト型複合酸化物の合成方法
効果 長期間使用可能な自動車の排気ガス浄化用触媒として有用なぺロブスカイト型複合酸化物を、オートクレープ等の特殊な反応容器を必要とせず、比較的低温域での焼成反応により、効率よく所望の粒子径を有する粉末状の複合酸化物として習得し得る。
技術概要
 
塩化ランタン、塩化鉄、塩化コバルト、塩化パラジウム及びアルカリ金属の水酸化物を混合粉砕後、熱処理し、洗浄することを特徴とし、該熱処理としては500〜600℃でなされることが好ましく、塩化ランタンと塩化鉄、塩化コバルト、塩化パラジウムを合わせたものの反応モル比は1:1で、アルカリ金属水酸化物の反応モル比も、前記モル比1:1の原料混合物に対しておおよそ5.6モルであることが好ましく、アルカリ金属の水酸化物としては、水酸化ナトリウムまたは水酸化カリウムであることが好ましいぺロブスカイト型複合酸化物の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 要相談
対価条件(一時金) 【要】要相談
対価条件(ランニング) 【要】要相談
希望譲渡先(国内) 【可】要相談
希望譲渡先(国外) 【可】要相談

アピール情報

アピール内容 型複合酸化物を、オートクレープ等の特殊な反応容器を必要とせず、比較的低温域での焼成反応により、効率よく所望の粒子径を有する粉末状の複合酸化物として習得し得る。

登録者情報

登録者名称 日鉄鉱業株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT