内視鏡遠隔操作システム

開放特許情報番号
L2012000425
開放特許情報登録日
2012/2/24
最新更新日
2014/11/20

基本情報

出願番号 特願2010-107658
出願日 2010/5/7
出願人 学校法人産業医科大学
公開番号 特開2010-279688
公開日 2010/12/16
登録番号 特許第5605613号
特許権者 学校法人産業医科大学
発明の名称 内視鏡遠隔操作システム
技術分野 機械・加工、化学・薬品
機能 機械・部品の製造
適用製品 内視鏡遠隔操作システム
目的 消化管内視鏡による検査または治療を内視鏡本体から両手を離して座位の状態で行うことを可能とすることで、低侵襲治療を可能とする内視鏡遠隔操作システムの提供を目的とする。
効果 被術者に経口的に挿入する内視鏡が消化管内に挿入された後の操作を、遠隔地に置かれた操作制御部にて操作・制御することを可能にすることで、長時間座位で、しかも従来より精密な操作を可能とする。
技術概要
内視鏡遠隔操作システム100は、本体部200と、本体部200へ操作の指示をする操作制御部300とを備えている。 本体部200は、被術者の消化管に挿入される消化管内視鏡の挿入部12の先端を上下方向に首振りさせる上下アングルハンドルを駆動する第1駆動部210と、挿入部11の先端を左右方向に首振りさせる上下アングルハンドルを駆動する第2駆動部220と、挿入部11を挿入部11の軸線を中心に回転させるためにハンドル部1を保持する保持部231を回転させる第3駆動部230と、挿入部11を前後方向に進退させるために保持部231をレール部241に沿って水平移動させる第4駆動部240とを備えている。
イメージ図
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT