動物細胞を培養する担体が生体の組織を薄切した切片からなる細胞培養担体、もしくは生物の組織を薄切した切片が支持体に付着または付着伸展された細胞培養担体、の培養方法並びに移植方法

開放特許情報番号
L2012000419
開放特許情報登録日
2012/2/24
最新更新日
2015/8/4

基本情報

出願番号 特願2001-101961
出願日 2001/3/30
出願人 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構、竹澤 俊明
公開番号 特開2001-340076
公開日 2001/12/11
登録番号 特許第4876275号
特許権者 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構、竹澤 俊明
発明の名称 生物の組織を薄切した切片からなる動物細胞の培養担体と、この担体を用いる動物細胞の培養方法および移植方法
技術分野 有機材料、化学・薬品、食品・バイオ
機能 検査・検出、接着・剥離、環境・リサイクル対策
適用製品 様々な生体組織由来の担体上で様々な細胞を培養できるので、その当該担体を利用した機能細胞の培養維持、細胞の挙動や機能の評価、および生体に近い組織の再構築を可能とし、遺伝子機能の評価、培養臓器の開発、もしくは細胞移植等に有用である
目的 生物の組織を薄切した切片からなる動物細胞の培養担体とその担体を用いる動物細胞の培養方法および移植方法に関するものであり、培養系に於いて動物細胞に生体組織の場所的かつ時間的環境情報を提供するための培養担体とその培養担体上での動物細胞の培養方法、およびその培養担体上で培養した細胞の移植方法を提供する。
効果 培養担体上で細胞を培養することにより、目的とする細胞と生体組織の場所的かつ時間的情報との相互作用を利用した細胞の諸性質や特性の解明、およびその相互作用を利用した遺伝子の機能解析、さらには生体組織の鋳型を利用した組織の再構築、およびその再構築組織の移植が可能となる。
技術概要
 
動物細胞の培養担体として、より生体組織に近い培養環境、即ち、目的とする生体組織の場所的かつ時間的情報が組込まれた環境が提供される。その培養担体上で細胞を培養することにより、目的とする細胞と、生体組織の場所的かつ時間的情報との相互作用を利用した細胞の諸性質や特性の解明、およびその相互作用を利用した遺伝子の機能解析、さらには生体組織の鋳型を利用した組織の再構築、およびその再構築組織の移植を可能とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
希望譲渡先(国内) 【否】 
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 平成10年6月29日付特総第1173号特許庁長官通達「特許権等契約ガイドライン」に基づき、案件ごとに協議のうえ決定。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT