観測・勾配磁場コイルおよび小動物用生体磁気測定装置

開放特許情報番号
L2012000389
開放特許情報登録日
2012/2/17
最新更新日
2012/2/17

基本情報

出願番号 特願2010-137055
出願日 2010/6/16
出願人 学校法人金沢工業大学
公開番号 特開2012-000222
公開日 2012/1/5
登録番号 特許第4811751号
特許権者 学校法人金沢工業大学
発明の名称 観測・勾配磁場コイルおよび小動物用生体磁気測定装置
技術分野 生活・文化
機能 機械・部品の製造
適用製品 小動物の心磁や脳磁を測定する小動物用生体磁気測定装置、磁気共鳴イメージングのためのコイル群、コイル群が発生する磁場に起因する渦電流の悪影響を抑制
目的 SQUIDを用いてネズミのような小動物の心磁や脳磁を測定する小動物用生体磁気測定装置において、その小型のシールドルーム内に好適に組み込むことが出来る磁気共鳴イメージングのためのコイル群であって且つそれらコイル群が発生する磁場に起因する渦電流の悪影響を抑制できるようにした観測・勾配磁場コイル、および、セッティングに手間が掛かる小動物を動かすことなく、機能情報である心磁や脳磁が得られると共に形態情報である磁気共鳴画像を得ることも出来る小動物用生体磁気測定装置の提供。
効果 SQUIDを用いてネズミのような小動物の心磁や脳磁を測定する小動物用生体磁気測定装置において、その小型のシールドルーム内に磁気共鳴イメージングのためのコイル群を好適に組み込むことが出来る。また、コイル群が発生する磁場に起因する渦電流の悪影響を抑制することが出来る。本技術の小動物用生体磁気測定装置によれば、セッティングに手間が掛かる小動物を動かすことなく、機能情報である心磁や脳磁が得られると共に形態情報である磁気共鳴画像を得ることも出来る。
技術概要
本技術は、磁気・電波シールドで囲繞され且つ小動物を収容しうる測定室内にSQUIDを設置した小動物用生体磁気測定装置において、測定室内に磁気共鳴撮像のための観測・勾配磁場コイルおよび分極磁場コイルを設置する。観測・勾配磁場コイルは、平面自己シールド型として、小型化を図ると共に磁気・電波シールドでの渦電流の悪影響を抑制する。これにより、セッティングに手間が掛かる小動物を動かすことなく、機能情報である心磁や脳磁が得られると共に形態情報である磁気共鳴画像を得ることが出来る。観測磁場や勾配磁場に起因する渦電流の悪影響を抑制できるので、鮮明な磁気共鳴画像を得ることが出来る。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT