菌類の識別方法

開放特許情報番号
L2012000365
開放特許情報登録日
2012/2/17
最新更新日
2012/2/17

基本情報

出願番号 特願2001-309293
出願日 2001/10/5
出願人 国立大学法人山口大学
公開番号 特開2003-116554
公開日 2003/4/22
登録番号 特許第3694739号
特許権者 国立大学法人山口大学
発明の名称 菌類の識別方法
技術分野 食品・バイオ
機能 検査・検出
適用製品 菌類の識別方法に関し、特に、アイソザイムの分析及び核酸分析を行なうことによる菌類の識別方法に関する。
目的 菌糸体、菌根レベルでの特定系統の識別を可能とする菌類の識別法を提供することにある。
効果 本発明の菌類の識別法によれば、同種内での異系統間の菌類を識別できるという有利な効果を奏する。また、本発明の菌類の識別法によれば、アイソザイム分析及び核酸分析によって、より精度よく菌類の同一性を判定することができ、ひいては、土壌に接種した場合の菌類の挙動を定期的に把握することもできるという有利な効果を奏する。
技術概要
 
組織化学的、生化学的、分子生物学的観点から、菌類の特定系統株を識別する手法を鋭意研究した結果、本発明の菌類の識別法を見出すに至った。本発明の菌類の識別方法は、既知の菌類と未知の菌類について、アイソザイム分析及び核酸分析を行ない両菌類を比較することによって菌類を識別することを特徴とする。また、本発明の菌類の識別方法の好ましい実施態様において、核酸分析が、前記既知の菌類のRAPD(Random Amplified polymorphic DNA)解析により既知の菌類のDNAに特異的な塩基配列を決定し、前記未知の菌類についての前記特異的な塩基配列の有無の調査であることを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT