建築板金用工具であって、薄物板金を建築現場で長短尺に関係なく折曲出来る手動折曲工具。

開放特許情報番号
L2012000174
開放特許情報登録日
2012/1/20
最新更新日
2012/1/20

基本情報

出願番号 特願2009-114117
出願日 2009/5/11
出願人 徳重 義知
公開番号 特開2010-260091
公開日 2010/11/18
登録番号 特許第4422200号
特許権者 徳重 義知
発明の名称 板金折曲工具
技術分野 土木・建築
機能 その他
適用製品 建築板金折曲工具現場用としての工具。看板板金、瓦屋谷折板金、大工板金
目的 建築現場で、不足した曲げ物、急に変更になった曲げもの、補足の曲げ物をその現場で速やかに板金を折曲出来る板金折曲工具。
効果 非常時(緊急)にその場で板金折曲出来る工具であって、長短尺に係わらず折曲できる。板金厚み0.4ミリメートル、曲げ可能値は曲げ幅5ミリメートルより280ミリメートルが折曲可能である。
技術概要
 
第一軸部材の一端に結合された作用点ローラーと第2軸部材の一端に結合されたローラーと第2軸受の固定ローラーの二重の支点ローラー間に板金を挟み当て折曲する板金折曲工具であって、前記作用点ローラーと前記二重の支点ローラー間の間隔を調整できるようにした。前記2つの軸受けには、スプリングブッシュを包含した締付けキャップを設け、前記2つの軸部材が対抗する位置には一対のガイドローラーを設けたことにより薄物板金を自在に折曲できる板金折曲工具である。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【可】
対価条件(一時金) 【要】 
希望譲渡先(国内) 【可】 
希望譲渡先(国外) 【可】 
特許権実施許諾 【可】
対価条件(一時金) 【要】 

登録者情報

登録者名称 徳重 義知

その他の情報

その他の提供特許
登録番号1 特許第4648502号
登録番号2 特許第4648480号
登録番号3 特許第4669078号
登録番号4 特許第4690481号
登録番号5 特許第4690501号
その他 6件以上 【有】
関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT