耐熱性リチウムイオン二次電池

開放特許情報番号
L2012000162
開放特許情報登録日
2012/1/20
最新更新日
2015/6/26

基本情報

出願番号 特願2011-225213
出願日 2011/10/12
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2013-084521
公開日 2013/5/9
登録番号 特許第5728721号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 耐熱性リチウムイオン二次電池
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 耐熱性リチウムイオン二次電池
目的 120℃以上で安定的に充放電が可能なリチウムイオン二次電池を提供する。
効果 これら耐熱性正極活物質、耐熱性負極活物質、耐熱性バインダ、耐熱性電解液、耐熱性セパレータ、及び耐熱性外装材を併用することにより、120℃の高温でも安定に充放電可能な耐熱性リチウムイオン二次電池を提供することができる。
本発明は、移動体通信機器、携帯用電子機器、電動自転車、電動二輪車、電気自動車等の主電源に好適に利用されるものである。
技術概要
正極活物質、負極活物質、バインダ、集電体、電解液、セパレータ、及び外装材を備えるリチウムイオン二次電池であって、正極活物質は、ポリアニオン系材料からなり、負極活物質は、Li↓4Ti↓5O↓(12)、SiO↓X又はSnO↓x、又はこれらの複合材料からなり、バインダは、PI前駆体からなり、電解液は、溶媒としてPC、EC、BC、FEC、グライム系材料、ラクトン系材料、ニトリル系材料及びイオン液体から選択され、支持塩は、LiBF↓4、LiClO↓4、LiTFSl及びLiBOBから選択され、セパレータは、アラミド、PI、PAI、EVOH又はガラス繊維からなる微多孔膜又は不織布からなり、外装材は、金属外装とシール材からなり、金属外装は、Al、ステンレス鋼、ニッケルめっき鋼板からなり、シール材は、フッ素樹脂、PET等から選択される。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT