密封容器入り緑茶飲料及びその製造方法

開放特許情報番号
L2011006400
開放特許情報登録日
2012/1/6
最新更新日
2012/1/6

基本情報

出願番号 特願2000-074692
出願日 2000/3/16
出願人 キリンビバレッジ株式会社
公開番号 特開2001-258477
公開日 2001/9/25
登録番号 特許第4111414号
特許権者 キリンビバレッジ株式会社
発明の名称 密封容器入り緑茶飲料及びその製造方法
技術分野 食品・バイオ
機能 食品・飲料の製造
適用製品 緑茶飲料
目的 本発明の目的は、緑茶の低温抽出液をベースとする、淹れたての茶の香気を有しかつバランスのとれた香味を有する密封容器入り緑茶飲料を提供することにある。
効果 淹れたての茶の香気があり、こく、旨みのある香味のバランスに優れた緑茶飲料が得られ、室温一ヶ月の保存に対しても安定である。
技術概要
 
本発明の密封容器入り緑茶飲料は、茶葉から45〜70℃の低温水性媒体により抽出された上記緑茶抽出液に、茶生葉から抽出された上記茶生葉抽出エキスを配合することにより製造することができ、本発明の密封容器入り緑茶飲料の製造方法としては、緑茶抽出液に茶生葉抽出エキスを添加・混合した配合液を、缶、紙容器、ビン、PETボトル等の容器に充填・密封する方法や、茶葉から緑茶抽出液を抽出する際に用いられる低温水性媒体として、茶生葉抽出エキスが添加された45〜70℃の低温水性媒体を用い、得られた緑茶抽出液を容器に充填・密封する方法などを具体的に例示することができる。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 キリンビバレッジ株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT