衣類乾燥器

開放特許情報番号
L2011006376
開放特許情報登録日
2011/12/22
最新更新日
2015/4/10

基本情報

出願番号 特願2011-088623
出願日 2011/3/28
出願人 工藤 二郎
登録番号 特許第4773587号
特許権者 工藤 二郎
発明の名称 衣類乾燥器
技術分野 電気・電子、機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 衣類乾燥機
目的 一般に使用されている衣類乾燥機は、熱風または温風を衣類に吹きつけて衣類の湿気を取り除く方法が大半であり、熱源として電力またはガスを使用する。この為に設置工事が必要であり工事費用、運転費用が高額で一般家庭の室内で使用するには難しく騒音も大きい。また自然乾燥を採用した装置では、外気を取り入れて湿気を含む空気を排出しなければならず配管が必要で、雨天の日は乾燥が難しい。 この発明は、一般家屋の室内で晴天雨天に関わらず衣類乾燥ができ、熱源を使用しないので運転費用が安く騒音を出さない衣類乾燥器の提供を目的とする。
効果 一般家屋の室内で晴天雨天に関わらず衣類乾燥ができ、熱源を使用しないので運転費用が安く騒音を出さない衣類乾燥器を提供することが出来る。
技術概要
衣類乾燥器は、湿気を含む空気を循環させる開口を有する1枚の通風口遮蔽板と、通風口カバーと左右に各々1枚の通風口側板が一体成型された衣類格納箱と、衣類格納箱に開閉可能で衣類格納箱の内部の空気を遮断する1枚の扉と、各々1枚の通風口上板及び通風口下板と衣類格納箱の底板を構成する横板部分と衣類格納箱の前面の一部分を成す縦板部分が一体成型されたL型底板と、左右の通風口側板と通風口カバーの上に載せる1枚のガラス板と、モータとファンと冷却器と、複数の赤外線電球または白熱電球と、冷却剤の出し入れを容易にする冷却剤格納トレイと、水分を収容して取り出す水分収容箱で構成される。 湿気を含んだ空気は衣類格納箱の背板と通風口遮蔽板の間にある隙間を通って通風口上板と通風口下板の間の冷却器で湿気が取り除かれて、水分は通風口下板の複数個の貫通した穴を通って水分収容箱に収容される。冷却器に当たって冷却された空気は赤外線電球で暖められて衣類格納箱の上方に戻る。衣類格納箱の湿気を含む空気を連続して通風口上板と通風口下板の間のモータとファンで循環させることにより衣類を乾燥させる。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 工藤 二郎

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT