バイオトイレ

開放特許情報番号
L2011006354
開放特許情報登録日
2011/12/16
最新更新日
2013/1/21

基本情報

出願番号 特願2009-147813
出願日 2009/6/22
出願人 諸永 好則
公開番号 特開2011-000386
公開日 2011/1/6
登録番号 特許第5129787号
特許権者 諸永 好則
発明の名称 バイオトイレ
技術分野 食品・バイオ
機能 機械・部品の製造、環境・リサイクル対策
適用製品 微生物用担体、バイオ水、バイオトイレ
目的 微生物を活性化させることにより、従来に比べて短時間で排泄物を分解処理できる、コンパクトなバイオトイレの提供。
効果 排泄物を分解処理する微生物及び微生物を保持する微生物用担体が収容されている処理槽内にバイオ水を噴射することにより、処理槽内の微生物が活性化し、従来に比べて短時間(1時間以内)で排泄物を分解処理することができる。その結果、バイオトイレをコンパクト化することができる。
技術概要
この技術では、上面を開口部とし、開口部から投入した排泄物を分解処理する微生物及び微生物を保持する微生物用担体を収容する処理槽と、処理槽内に架設した回転軸上に配設され、微生物用担体を攪拌する攪拌羽根とを有するバイオトイレにおいて、微生物を活性化させるバイオ水を貯留するタンクと、処理槽内にバイオ水を噴射する噴射ノズルと、タンク内のバイオ水を噴射ノズルに送給するポンプとを備えるものとする。バイオ水は、放線菌や桿菌などの微生物や酵素を精製水に混合して生成した水溶液である。また、微生物用担体を攪拌する際に、バイオ水を噴射ノズルから処理槽内に噴射することが好ましい。また、微生物用担体の攪拌を休止を挟んで複数サイクル繰り返し、各攪拌サイクルの初期に、噴射ノズルからバイオ水を処理槽内に噴射するようにしてもよい。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 諸永 好則

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT