通信システム及びその方法

開放特許情報番号
L2011006314
開放特許情報登録日
2011/12/16
最新更新日
2013/7/1

基本情報

出願番号 特願2010-217239
出願日 2010/9/28
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2011-045109
公開日 2011/3/3
登録番号 特許第5236710号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 通信システム及びその方法
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 通信システム、列車
目的 フレームロスやパケットロスを増大させない、送信出力を増加させない、使用回線数を節約するという3点を満たした上で伝送品質を可能な限り向上させた通信システムの提供。
効果 通信の伝送品質を保つとともに、使用回線の節約を図ることができる。
技術概要
この技術では、通信システムは、通信回線で少なくとも二つの伝送装置の間を接続して通信する通信システムであって、列車情報が入力される情報入力部と、情報入力部から入力された列車の種類及び列車ダイヤを含む列車情報に基づいて、伝送装置間の区間に所定の列車が接近した場合に伝送速度を低下させる指示を発し、伝送装置間を所定の列車が通過した場合には伝送速度を元に戻す指示を発する、伝送装置に接続された制御部と、制御部の指示に基づいて伝送速度を変更して通信を行う伝送装置とからなる。制御部は、伝送品質の劣化をもたらす列車及びその列車ダイヤに基づいて作成された所定列車情報データベースを記憶する記憶領域と、時刻を計時するクロックとを備え、制御部が、クロックと所定列車情報データベース情報に基づいて、列車の接近を検知することができる。また、情報入力部が列車の運行を管理する指令所端末と接続され、指令所端末からの情報を受信して入力するようにしてもよい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT