高架橋の門型ラーメン構造の施工方法

開放特許情報番号
L2011006285
開放特許情報登録日
2011/12/16
最新更新日
2016/6/2

基本情報

出願番号 特願2010-054537
出願日 2010/3/11
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2011-185013
公開日 2011/9/22
登録番号 特許第5259638号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 高架橋の門型ラーメン構造の施工方法
技術分野 土木・建築
機能 機械・部品の製造
適用製品 鉄道、道路、高架橋、門型ラーメン構造
目的 施工性を改善した高架橋の門型ラーメン構造の施工方法の提供。
効果 第1及び第2のラーメンユニットの使用は、施工のために広い作業スペースを必要とせず、狭い場所での施工を可能にする。柱、梁の接合工程が少なくなるので、施工工数を簡素化し、作業時間を短縮することができる。
技術概要
この技術では、高架橋の門型ラーメン構造の一体架設方法は、高架橋の下部構造としてのラーメン構造を構成すると共に互いに接合した柱及び梁をそれぞれ有する第1のラーメンユニット及び第2のラーメンユニットを用意し、第1のラーメンユニットの柱と第2のラーメンユニットの柱とをそれぞれ基礎の上に配置し、第1のラーメンユニットの梁と第2のラーメンユニットの梁とを互いに接合し、第1のラーメンユニットの柱及び第2のラーメンユニットの柱をそれぞれ基礎に接合する。また、第1のラーメンユニット及び第2のラーメンユニットの梁同士を仮止めし、第1のラーメンユニットの柱及び第2のラーメンユニットの柱の少なくとも一方を基礎上で移動して第1のラーメンユニット及び第2のラーメンユニットの梁同士を位置合わせする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT