鉄道車両用渦電流ブレーキ装置

開放特許情報番号
L2011006253
開放特許情報登録日
2011/12/16
最新更新日
2013/7/1

基本情報

出願番号 特願2010-006439
出願日 2010/1/15
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2011-143830
公開日 2011/7/28
登録番号 特許第5242604号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 鉄道車両用渦電流ブレーキ装置
技術分野 電気・電子、輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 鉄道車両、渦電流ブレーキ装置、レール
目的 蓄電池を搭載するのみでその他の電源を要しない鉄道車両用渦電流ブレーキ装置の提供。
効果 この技術によれば、電源回路としては蓄電池のみで完全に独立して動作するため、艤装上の制約がなく配線等を行う必要がない渦電流ブレーキ装置を提供することができる。また、回転型の誘導機の渦電流ブレーキとしても使用できる。
技術概要
鉄道車両用渦電流ブレーキは、電磁力を利用して台車とレールとの間に非接触で制動力を作用させている。従って、これまでの渦電流ブレーキでは、所定の制動力を得るために比較的大きな励磁電力が必要であり、そのため、電源として主回路を使用したり、大規模補助電源が利用されていた。この技術は、渦電流式レールブレーキの制御装置に小容量の蓄電池を搭載し、その蓄電池を電源回路としては完全に独立で動作させるように構成されている。即ち、この技術の鉄道車両用渦電流ブレーキ装置は、渦電流ブレーキ装置を搭載する鉄道車両に蓄電池を備え、この蓄電池を渦電流ブレーキ装置の電源回路として完全に独立して動作させ、かつ蓄電池の放電に備えて蓄電池の蓄電残量値をモニタし、この蓄電残量値が予め設定された一定値を下回った場合、鉄道車両の走行中に渦電流ブレーキ装置を動作させ、自車の蓄電池に充電するように構成されている。用いられる渦電流ブレーキ装置は、レールの長手方向の上部に配置される電機子を具備する渦電流式レールブレーキ装置、あるいは車軸に取り付けられたディスクを挟んで配置される渦電流式ディスクブレーキ装置が好適である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT