地中における沈下計測方法及びその装置

開放特許情報番号
L2011006249
開放特許情報登録日
2011/12/16
最新更新日
2014/5/2

基本情報

出願番号 特願2010-004103
出願日 2010/1/12
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2011-145101
公開日 2011/7/28
登録番号 特許第5474578号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 地中における沈下計測方法
技術分野 電気・電子、土木・建築
機能 検査・検出
適用製品 沈下発信装置、沈下計測装置、サウンディングマシン
目的 計測対象層の沈下を計測する地中における沈下計測方法及びその装置であって、簡単に設置することができ、費用が低減できるとともに、沈下板の位置の変化を容易に計測することができる、地中における沈下計測方法及びその装置の提供。
効果 従来はボーリング孔の設置や処理、計器の設置に時間や費用がかかったが、この技術によれば、地中における沈下計測装置の設置を容易にし、データの処理の大幅な短縮を図ることができる。
技術概要
この技術は、地中における沈下計測方法において、先端に沈下発信装置を装着した沈下板を有するコーンを地中に差し込み、このコーンを引き抜く際にアンカーをセットして沈下発信装置及び沈下板を地中に定着させ、地上に沈下計測装置を配置し、沈下発信装置と沈下計測装置との間の通信に基づいて、沈下板の沈下量を求めるようにしている。即ち、設置時における沈下板の地中での位置を、沈下計測装置と沈下発信装置との間の通信により基準値としてあらかじめ計測し、その後の計測時点における沈下板の地中での位置を、沈下計測装置と沈下発信装置との間の通信により計測値として計測し、基準値と計測値とを比較することによって沈下板の沈下量を求めている。沈下計測装置は、プローブ電波を発信するプローブ電波発信器と、計測電波発信器からの計測電波を受信する計測電波受信器と、データ処理装置と、データ記憶装置とを備え、沈下発信装置は、プローブ電波により駆動する電子スイッチと、この電子スイッチがオンされると計測電波を発信する計測電波発信器とを備えている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT