5α−リダクターゼ阻害剤

開放特許情報番号
L2011006220
開放特許情報登録日
2011/12/16
最新更新日
2012/8/20

基本情報

出願番号 特願2006-510188
出願日 2005/2/10
出願人 国立大学法人九州大学
公開番号 WO2005/079164
公開日 2005/9/1
登録番号 特許第5008973号
特許権者 国立大学法人九州大学
発明の名称 5α−リダクターゼ阻害剤
技術分野 生活・文化
機能 材料・素材の製造
適用製品 5α−リダクターゼ阻害剤
目的 マンネンタケ(霊芝)抽出物中の種々の化合物を検索し、それらの化合物の中から、前立腺ガンや前立腺肥大症、男性型脱毛症、尋常性アクネ、脂漏等の男性ホルモンが関与する疾患の予防や治療のために有効な化合物を見出し、それらを5α−リダクターゼ阻害剤及び前立腺肥大症の予防・治療剤として提供する。
効果 5α−リダクターゼ阻害剤は、前立腺ガンや前立腺肥大症、男性型脱毛症、尋常性アクネ、脂漏等の男性ホルモンが関与する疾患の予防や治療のために有効であるとともに、合成ステロイド化合物ではなく、天然物であるため安全性に優れる。また、15α−ヒドロキシ−3−オキソラノスタ−7,9(11),24−トリエン−26−オイックアシッド(15a−hydroxy−3−oxolanosta−7,9(11),24−trien−26−oic acid)は、特に優れた5α−リダクターゼ阻害活性を有する。
技術概要
ラノスタン型トリテルペン類を有効成分として含有する5α−リダクターゼ阻害剤である。この5α−リダクターゼ阻害剤は、ラノスタン型トリテルペン類がマンネンタケ由来のものであり、また、ラノスタン型トリテルペン類が、ガノデリックアシッドDM(ganoderic acid DM)、15α−ヒドロキシ−3−オキソラノスタ−7,9(11),24−トリエン−26−オイックアシッド(15a−hydroxy−3−oxolanosta−7,9(11),24−trien−26−oic acid)、5−ラノスタ−7,9(11),24−トリエン−15α,26−ジヒドロキシ−3−オン(5−lanosta−7,9(11),24−triene−15a,26−dihydroxy−3−one)又はチロミシック酸(tyromycic acid)である。図1はマンネンタケ抽出物の分画スキーム、図2は得られたエタノール抽出物の分画物Fr.G−5のHPLCクロマトグラム、図3は得られたエタノール抽出物の分画物Fr.G−5中のHPLC分析における保持時間19.8分と20.5分の成分の夫々のUV−VIS吸収スペクトル、である。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT