蛍光管種類識別装置および蛍光管種類識別方法

開放特許情報番号
L2011006183
開放特許情報登録日
2011/12/16
最新更新日
2015/9/21

基本情報

出願番号 特願2011-195583
出願日 2011/9/8
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2013-056294
公開日 2013/3/28
登録番号 特許第5777103号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 蛍光管種類識別装置および蛍光管種類識別方法
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造、材料・素材の製造、環境・リサイクル対策
適用製品 廃棄された蛍光管のリサイクルまたはその蛍光体に含まれるレアアースの再利用に際し蛍光管の種類を識別する技術
目的 廃棄された蛍光管を破壊することなく、識別のための特別なマーキングを蛍光管に施すことなく、蛍光体に使用される異なる種類のレアアースに対応した蛍光管の種類の識別が可能な程度に高精度であり、かつ安価に製造・実施できる蛍光管種類識別装置および蛍光管種類識別方法を提供する。
効果 外部からの紫外線照射では発光が不十分で破壊しないとスペクトル等の測定・分析による識別はできないとされている電球色蛍光管を含めて、全ての種類の蛍光管について破壊することなく(非破壊)でその種類を識別することが可能である。
また蛍光管種類識別装置またはその蛍光管分別装置はコンパクトかつ廉価に製造が可能となるので、リサイクル・再利用装置、工場ライン等への応用が有利となる。
技術概要
少なくとも紫外線光源と色度値測定装置とを有する蛍光管種類識別装置であって、前記紫外線光源から紫外線を蛍光管のガラス管外部に照射する手段と、前記照射による蛍光管の発光の色度値をガラス管外部から計測する手段とを備え、前記計測された色度値のxy色度座標を蛍光管種類領域が表示されている色空間に重畳的に表示して該蛍光管の種類を識別することを特徴とする蛍光管種類識別装置および蛍光管種類識別方法を構成した。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT