鉄道車両の状態監視システム

開放特許情報番号
L2011006120
開放特許情報登録日
2011/12/9
最新更新日
2013/9/30

基本情報

出願番号 特願2009-203618
出願日 2009/9/3
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2011-051518
公開日 2011/3/17
登録番号 特許第5306947号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 鉄道車両の状態監視システム
技術分野 電気・電子、情報・通信、輸送
機能 制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 鉄道車両の状態監視システム
目的 1台車に1個という少ないセンサ数で異常振動を捉え、走行装置部品の不具合を検知する、鉄道車両の状態監視システムの提供を目的とする。
効果 センサ数を極力抑え、簡素化したシステムとすることにより、鉄道車両の走行装置部品の状態監視を設備費用とメンテナンスコストを低減して行うことができる。
技術概要
鉄道車両の状態監視システムにおいて、鉄道車両の台車中心上の車体床面に配置される車体床面振動加速度計と、車輪の第1軸の軸箱に配置される参照用軸箱振動加速度計と、車体床面振動加速度の参照用軸箱振動加速度に対する各周波数の強さの比を算出する装置とを備え、鉄道車両の走行装置部品の不具合を検知する。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT