鉄道車両の組立台車枠及びその亀裂検出システム

開放特許情報番号
L2011006117
開放特許情報登録日
2011/12/9
最新更新日
2013/9/30

基本情報

出願番号 特願2009-194984
出願日 2009/8/26
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2011-046243
公開日 2011/3/10
登録番号 特許第5305399号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 鉄道車両の組立台車枠及びその亀裂検出システム
技術分野 機械・加工、輸送
機能 機械・部品の製造、検査・検出、安全・福祉対策
適用製品 鉄道車両の組立台車枠、その亀裂検出システム
目的 運行に供用中にあっても鉄道車両の台車枠に発生した亀裂を検出することの出来る鉄道車両の組立台車枠及びその亀裂検出システムの提供を目的とする。
効果 亀裂を検出するための機器が鉄道車両の走行に影響を与えることなく、運行に供用中にあっても鉄道車両の組立台車枠に発生した亀裂を検出することが出来る。
技術概要
鋼板を屈曲加工してなる梁部材からなり2本の側梁部材(11、12)を略平行に配置しこれらの間に横梁部材(13、14)を渡してその両端部を溶接連結した組立台車枠(10)である。 側梁部材(11、12)及び/又は横梁部材(13、14)はその長手方向に沿ってその内部に気体を封入可能な閉空間(19)を有し閉空間(19)と外部との間をリーク可能なエアバルブ(31)を与えられる。 エアバルブ(31)は閉空間(19)内に所定の気体を圧送又は脱気可能な気体ポンプを装着され得るとともに、これを取り外して閉空間の圧力を検知する圧力検知装置(22)に接続され得る。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT