車上にて情報を集約する高度列車安全制御システム

開放特許情報番号
L2011006101
開放特許情報登録日
2011/12/9
最新更新日
2014/1/31

基本情報

出願番号 特願2009-179169
出願日 2009/7/31
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2011-031711
公開日 2011/2/17
登録番号 特許第5405228号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 車上にて情報を集約する高度列車安全制御システム
技術分野 情報・通信、輸送
機能 制御・ソフトウェア、安全・福祉対策
適用製品 高度列車安全制御システム
目的 車上にて情報を集約することにより災害の発生を予測し、列車自ら安全運行の確保を行うことができる高度列車安全制御システムの提供を目的とする。
効果 車上及び地上で得られた地上観測データと各所からの情報とを組み合わせて、列車上において災害の発生を予測することにより、災害による列車運行への影響を早期に判断し、運転規制等を適切に実施し、突発的な災害に対する安全性の向上を図ることができる。
技術概要
高度列車安全制御システムは、線区内の地理空間情報を記憶する記憶装置4Bと車上観測装置2とリアルタイム列車位置・速度計測装置3とを有する列車1と、線区内の地上観測装置6と、指令所7と、気象情報や地震情報の提供を行う外部機関8とを備える。 地上観測装置6からの地上観測データ23と、車上観測装置2からの車上観測データ21と、リアルタイム列車位置・速度計測装置3からの車両の位置・速度情報と、地理空間情報26と、外部機関8からの気象情報や地震情報25と、指令所7から送信される他列車1′から得られた観測データ24とを組み合わせることにより、列車1において高精度の災害予測を行う。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT