高速鉄道におけるトンネル圧力波の模型実験方法および装置

開放特許情報番号
L2011006085
開放特許情報登録日
2011/12/9
最新更新日
2013/12/4

基本情報

出願番号 特願2009-135183
出願日 2009/6/4
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2010-281682
公開日 2010/12/16
登録番号 特許第5356119号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 高速鉄道におけるトンネル圧力波の模型実験方法および装置
技術分野 情報・通信、輸送
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 高速鉄道におけるトンネル圧力波の模型実験装置
目的 実際の列車と相似な三次元形状の列車模型を用いることにより、列車模型の回転を抑えて、より模型実験の精度向上を図ることができる、高速鉄道におけるトンネル圧力波の模型実験方法および装置を提供することを目的とする。
効果 列車模型の形状を工夫した三次元列車模型とすることにより、従来の軸対称列車模型用の発射装置を用いて高速鉄道におけるトンネル圧力波の模型実験を行うことができる。そのため、模型実験装置のコストを抑えると共に模型実験の精度の向上を図ることができる、データ生産性の高い模型実験方法を得ることができる。
技術概要
高速鉄道におけるトンネル圧力波の模型実験方法は、軸対称列車模型用の回転車輪を有する発射装置を有し、ピアノ線によってガイドされる、矩形部と軸対称部とが形成された列車模型を発射装置によって高速で発射させる。 列車模型の矩形部が発射装置の回転車輪に挟み込まれることにより、列車模型の水平を保ち列車模型の回転を防止する。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT