磁気シールド装置

開放特許情報番号
L2011006011
開放特許情報登録日
2011/12/9
最新更新日
2011/12/9

基本情報

出願番号 特願平11-317029
出願日 1999/11/8
出願人 九州大学長
公開番号 特開2001-135973
公開日 2001/5/18
登録番号 特許第3278689号
特許権者 九州大学長
発明の名称 磁気シールド装置
技術分野 電気・電子、機械・加工
機能 機械・部品の製造、検査・検出、環境・リサイクル対策
適用製品 磁気計測、生体磁気計測、脳磁界計測、精密物理計測など
目的 作業の正確さかつ迅速な作業の遂行が可能なように両端が開口した円筒体を具え、シールド比を十分に高い値に維持したままでシールド内残留磁界の一様性を改善し、微弱な磁界を高精度で正確に計測する場を与える磁気シールド装置を提供する。
効果 シールド比を高い値に維持したままで、シールド内残留磁界の一様性を確保することができる。また、全体として円筒内磁界の勾配をほぼ零とすることができ、シールド内残留磁界の一様性を実現できる。
技術概要
磁性材料より成り、両端が開放された円筒体の軸長をL、直径をD、円筒の肉厚をt、円筒体を構成する磁性材料の比透磁率をμとし、Cを0.5〜1.2の範囲内の定数とするとき、L/D=1+log(μt/D)+Cをほぼ満足するように構成する。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT