プログラム及び車両運用整理案作成装置

開放特許情報番号
L2011005901
開放特許情報登録日
2011/11/25
最新更新日
2012/8/27

基本情報

出願番号 特願2008-229431
出願日 2008/9/8
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2010-058771
公開日 2010/3/18
登録番号 特許第5020199号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 プログラム及び車両運用整理案作成装置
技術分野 情報・通信、輸送
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 プログラム及び車両運用整理案作成装置
目的 車両の定期検査を考慮し、且つ効率の良い車両運用整理案の作成を実現する。
効果 列車ノードと検査ノードとを含む車両運用ネットワークを生成することで、検査期限条件を満たす車両運用行路候補の探索が可能となる。また、各複製ネットワークにおいて、列車ノードと検査ノードとを区別することなく経路探索を行うことができ、検査期限条件を満たす車両運用行路候補の探索を簡単化できる。
技術概要
図1は、車両運用整理案作成装置の内部構成図である。車両運用整理案作成装置1は、例えばコンピュータで実現され、CPU10と、入力部20と、表示部30と、通信部40と、記憶部50とを備えて構成される。CPU10は、記憶部50に記憶されたプログラムやデータ、入力部20から入力されたデータ等に基づいて、車両運用整理案作成装置1を構成する各部への指示やデータ転送を行い、車両運用整理案作成装置1の全体制御を行う。また、CPU10は、車両運用整理プログラム510に従った運用整理案作成処理を行って、運転整理ダイヤ(運転整理案)に対する車両運用整理案を作成する。なお、運転整理ダイヤは、運転整理案データ523に格納されている。図2は、運用整理案作成処理のフローチャート、図3は、運用整理案作成処理中に実行される行路候補算出処理のフローチャート、図4は、運用整理案作成処理と並行して実行される割込み処理のフローチャート、である。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT