乗客流動予測システム

開放特許情報番号
L2011005898
開放特許情報登録日
2011/11/25
最新更新日
2013/2/26

基本情報

出願番号 特願2008-225414
出願日 2008/9/3
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2010-061321
公開日 2010/3/18
登録番号 特許第5148416号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 乗客流動予測システム
技術分野 情報・通信、電気・電子、輸送
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 乗客流動予測システム
目的 鉄道輸送において、自動改札機で得られる乗車情報に基づいた統計的な手法により、乗客流動を確実に予測することができる乗客流動予測システムを提供する。
効果 鉄道輸送の自動改札機から得られる時間帯別ODデータ(利用者の出発駅(O)と到着駅(D)の組み合わせごとに人数を集計したデータ)を用いることで、乗客流動を予測して、鉄道輸送の運転整理を行う際に列車の運行区間や本数を適切に設定することができる。
技術概要
図1は鉄道輸送における乗客流動予測システムの構成図、図2はその乗客流動予測システムの情報管理所のブロック図、である。この図において、1〜10はある路線の駅、11〜20はその駅1〜10に設置される自動改札機、21は自動改札機11〜20からの乗客の乗降情報を受信する情報管理所であり、この情報管理所21では時間帯別ODデータが編集される。この情報管理所21は、入力インターフェース21A、21Bと、CPU(中央処理装置)21Cと、過去の時間帯別ODデータの情報記憶装置21Eと、当日の時間帯別ODデータ記憶装置21Dと、情報管理所21とその路線を運行中の鉄道車両31との通信をとるための無線送信装置21F、この無線送信装置21Fに接続される送信アンテナ22を備える。また、鉄道車両31は情報管理所21に設置されている送信アンテナ22からの情報を受信する受信アンテナ32を備え、この受信アンテナ32より得られた情報は、運転席の表示装置に表示することができる。図3は、鉄道輸送における旅客流動予測情報取得方法の模式図である。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT