鉄道橋床版防水工

開放特許情報番号
L2011005894
開放特許情報登録日
2011/11/25
最新更新日
2013/11/1

基本情報

出願番号 特願2008-210212
出願日 2008/8/19
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2010-047897
公開日 2010/3/4
登録番号 特許第5339583号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 鉄道橋床版防水工
技術分野 輸送、土木・建築
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 ゴムラテックスモルタル被覆を用いた鉄道橋床版防水工システム
目的 施工費用を低減でき、かつ防水工重量を軽量にでき、しかも床版の厚さが制限される場合にも有効に活用できる鉄道橋床版防水工を提供する。
効果 施工費用と防水工重量を大きく低減させることができ、更に、通常の保護モルタルに比べて薄くなるので床版の厚さが制限される場合にも有効に利用する事が出来る。
技術概要
床版1、床版面2、床版面に形成される防水層3(5mm)、防水層3の上に形成されるゴムラテックスモルタル4(厚さは5〜15mm)とさせる。鉄道橋床版防水工において、床版面2上に防水層3を形成し、この防水層3上に付着力および粘りが強く、かつ、質量効果の大きいゴムラテックスモルタル4を形成させる。床版面2に、塗布(塗膜)防水を行い、溶液状あるいは加熱溶融された防水材料を床版面2に塗布または吹付けることで防水層3を形成させて防水工を施す。塗布防水は薄い防水層を設け、その厚みを増した塗膜防水とさせ、塗膜防水には、アスファルト系、改質アスファルト系(ゴムアスファルト系)、合成ゴム系、合成樹脂系を用いるのが好ましい。次いで、防水層3の保護のために、スチレンブタジエン(SBR)を混入したモルタルであり、ゴムとモルタルとの両者の性能を併せ持つゴムラテックスモルタル4を形成させるのが好ましい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT