パンタグラフ

開放特許情報番号
L2011005887
開放特許情報登録日
2011/11/25
最新更新日
2013/4/24

基本情報

出願番号 特願2008-182287
出願日 2008/7/14
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2010-022167
公開日 2010/1/28
登録番号 特許第5193710号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 パンタグラフ
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 空中に架設されたトロリ線(架線)から鉄道車両に電気を供給するパンタグラフに適用する。
目的 特定の構造を有するパンタグラフを提供する。
効果 空力音低減対策が施されたパンタグラフにおいてアーク放電の発生などの不具合が起こらないパンタグラフが可能になる。
技術概要
摺り板11を介してトロリ線Tに押し付けられる舟体10、舟体10を昇降可能に支持する枠組20、枠組20を車体屋根Bに搭載する台枠30、及び、台枠30を車体屋根Bに絶縁状態で固定する碍子33、を備え、碍子33以外のパンタグラフ1の部分、若しくは、この部分を覆う風防カバー31を非導電性の材料(例えば、FRP製)で構成し、非導電性の部分若しくは風防カバー31の表面に導電性の多孔質材(例えば、発泡ニッケル製)40を貼り付け、導電性の多孔質材40と台枠30若しくは枠組20の集電電流通電経路との間を導電性の部材で導通させたパンタグラフ1にする。好ましくは、例えば、多孔質材40はリベット43で、風防カバー31の裏面に配設された銅板50と導通し、かつ、風防カバー31表面から銅板50に折り返された部分50bが、台枠30と風防カバー31とを固定するボルトBとナットNによって固定して、多孔質材40と台枠30とが導通するようにする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT