亀裂監視材及び亀裂監視システム

開放特許情報番号
L2011005884
開放特許情報登録日
2011/11/25
最新更新日
2011/11/25

基本情報

出願番号 特願2008-124521
出願日 2008/5/12
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2008-191169
公開日 2008/8/21
登録番号 特許第4726247号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 亀裂監視材及び亀裂監視システム
技術分野 輸送、土木・建築
機能 検査・検出
適用製品 鋼構造物等の監視対象物に発生する亀裂監視に有用な亀裂監視材に適用する。
目的 亀裂検出部を形成する特定構造の亀裂監視材を提供する。
効果 検査費用を節減し検査の確実性を向上させ現場施工が容易であり検知機能を長時間維持できる亀裂監視材が可能になる。
技術概要
監視対象物1に発生した亀裂の位置を検出する亀裂検出部4を、この亀裂の発生が予測される監視対象物1の表面に形成してなり、亀裂検出部4は、亀裂の進展に応じて電気抵抗が変化する導電層4aと、導電層4aに電流を流す電極層4cとを備え、導電層4aは、導電性塗料を面状に塗布して形成されており、電極層4cは、導電性塗料を点状に塗布して形成されており、電極層4cは、導電層4aの表面に複数行及び複数列形成されており、かつ、各行、各列に複数個形成されている亀裂監視材にする。かくして、この亀裂監視材からなる亀裂検出部4と、導電層4aの通電状態を測定する通電状態測定部7と、通電状態測定部7の測定結果に基づいて監視対象物1に発生する亀裂を評価する評価部9と、を備える亀裂監視システムが構成される(図1、図2)。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT