含フッ素アルキルジエステル化合物、含フッ素アルキルエステルアミド化合物及びそれらを含有するゲル化剤

開放特許情報番号
L2011005863
開放特許情報登録日
2011/11/25
最新更新日
2011/11/25

基本情報

出願番号 特願2005-259126
出願日 2005/9/7
出願人 名古屋市
公開番号 特開2007-070289
公開日 2007/3/22
登録番号 特許第4599499号
特許権者 名古屋市
発明の名称 含フッ素アルキルジエステル化合物、含フッ素アルキルエステルアミド化合物及びそれらを含有するゲル化剤
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 化粧品、有機溶剤、エステル油、炭化水素油、シリコーン油、油剤をゲル化
目的 フッ素の有する機能を持ち、しかも各種条件下において安定で、各種有機溶剤やシリコーン油等の油剤との相溶性にも優れ、更にこれらのゲル化能に優れるゲル化剤として有用であり、溶剤、化粧料、洗浄剤、乳化剤、塗料、インキ、表面処理剤、潤滑剤、半導体/エレクトロニクス分野などの潤滑剤あるいは油剤として広範囲に使用可能な新規含フッ素化合物の提供。
効果 本技術の含フッ素アルキルジエステル化合物及び含フッ素アルキルエステルアミド化合物はゲル化剤として、アルコール、シリコーン油、炭化水素油、エステル油などの様々な油剤との相溶性がよく汎用性に優れ、少量でゲル化が可能であり、温度や経時による変化がなく安定性に優れたゲルを提供できる。
技術概要
本技術の含フッ素アルキルジエステル化合物は、一般式(1)で表される化合物である。また、本技術の含フッ素アルキルエステルアミド化合物は一般式(2)で表される化合物である。さらに、本技術のゲル化剤は上記の含フッ素アルキルジエステル化合物及び/又は含フッ素アルキルエステルアミド化合物を含有することを特徴とする。式(1)中Rfは直鎖又は分岐鎖の炭素数1〜20のフルオロアルキル基を示し、R↑1は直鎖、分岐又は環状の炭素数1〜15のアルキル基又はアリール基を示し、R↑2は直鎖、分岐又は環状の炭素数4〜35のアルキル基又はアリール基を示し、nは1〜8の数を示す。式(2)中Rfは直鎖又は分岐鎖の炭素数1〜20のフルオロアルキル基を示し、R↑1は直鎖、分岐又は環状の炭素数1〜15のアルキル基又はアリール基を示し、R↑2、R↑3は水素あるいは直鎖、分岐又は環状の炭素数4〜35のアルキル基又はアリール基を示し、nは1〜8の数を示す。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 名古屋市工業研究所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT