地球環境改良システム

開放特許情報番号
L2011005844 この特許をより詳しくイメージできる、登録者からの説明資料をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2011/11/18
最新更新日
2015/7/28

基本情報

出願番号 特願2011-043002
出願日 2011/2/10
出願人 秋元 健
公開番号 特開2011-173883
公開日 2011/9/8
登録番号 特許第5755905号
特許権者 秋元 健
発明の名称 地球環境改良
技術分野 その他
機能 環境・リサイクル対策
適用製品 環境改良
目的 地球温暖化、オゾン層破壊が進行しているが、有効な手段が講じられない儘、現在に至っている。
同時に起こった2つの現象に対し、何故か原因説が2通りあるのに以前から疑問を感じていた。
酸素濃度に敏感な職業(土木)に従事している事もあって、酸素濃度減少を知り、その対策を検討する。
効果 地球温暖化対策、オゾン層破壊防止対策に効果がある。
技術概要
2010/8/31朝日新聞 科学面に火星でのメタンガス噴出の記事があった。
未だ微生物の発見も確認されていない火星で―――
この事から推測して、メタンガスは、二酸化炭素と水素が直接接触し、生成しているのではないか?
微生物は水を分解して酸素を吸収し水素を排出しているだけ――― 水に溶けた二酸化炭素と水素が直接 化合している?
そこで火星に近付けた環境を創り出した。メタンガス生成時には大気熱を吸収し、更には二酸化炭素から酸素を分離する。
分離した酸素は上昇し、上空の強い紫外線によって上昇し、上空の強い紫外線によって、オゾンに変化する。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 秋元 健

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT