ヒト骨膜培養方法

開放特許情報番号
L2011005841
開放特許情報登録日
2011/11/18
最新更新日
2013/10/29

基本情報

出願番号 特願2009-529083
出願日 2008/8/22
出願人 国立大学法人 新潟大学
公開番号 WO2009/025374
公開日 2009/2/26
登録番号 特許第5330996号
特許権者 国立大学法人 新潟大学
発明の名称 ヒト骨膜培養方法
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 再生医療、自家骨膜の培養方法、歯周組織再生療法
目的 培養期間が短いヒト骨膜の促成培養方法の開発。
効果 従来の培養方法より培養期間の50%以上の短縮を実現できる骨膜培養方法を提供できる。
技術概要
 
この技術では、(1)培養液を添加しない培養ディッシュに患者から採取した骨膜片を戴置するステップと、(2)培養ディッシュ上の骨膜片の表面に患者の多血小板血漿を滴下して骨膜片の表面を覆うように凝固させるステップと、(3)培養ディッシュに第1培養液を添加して培養するステップと、(4)ステップ(3)の後、塩基性繊維芽細胞成長因子を含むが多血小板血漿は含まない第2培養液で培養するステップとを含む、ヒト骨膜培養方法を提供する。ステップ(3)は、トランスフォーミング成長因子ベータを含む第1培養液を添加して培養する場合がある。トランスフォーミング成長因子ベータはトランスフォーミング成長因子ベータ1の場合がある。また、ステップ(1)は、患者から採取した骨膜片に赤血球溶解処理を施し、生理食塩水による洗浄を行った後で第1培養液で培養する場合がある。さらに、ステップ(4)の後、骨芽細胞分化誘導剤を含む第3培養液で培養するステップを含む場合がある。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT